コラム

column

買って後悔する前に!賢い収納用品の選び方を紹介

「生活雑貨を美しく収納できたら」と思うのは誰でも同じです。そのためには収納用品を適切に選ぶ必要があります。特に大切なのが使い勝手です。

綺麗に収納できたとしても、取り出しにくかったり仕舞いにくかったりするとストレスに感じてしまうもの。収納用品を選ぶときのポイントを押さえて、自宅に合う収納スタイルを考えてみましょう。

収納用品を買う前にすること

収納用品を買う前にすること

収納用品は、自宅に合うものを選ばなければ意味がありません。雑貨屋さんで可愛いからと衝動買いする前に、やっておくべきことを確認しておきましょう。

何を収納するのか考える

まずは自宅にあるスペースを確認し、そこに何をしまいたいかを考えます。

しまう物が変われば、当然必要になる収納家具やケースも変わります。買ってから後悔しないためにも、まずはスペースの使い方をしっかり考えることが大切です。

採寸をしっかりと行う

収納用品を収めるスペースが分かったら、しっかりと採寸を行いましょう。これで無駄な空間が生まれることを防ぐことができます。

ただし、採寸はぴったり行わず、ある程度余裕を持たせて行うことが大切です。あまりにぴったりのサイズを買ってしまうと、いざ入れようとしたとき入らない可能性があります。

無理に押し込むと嵌まってしまい出しにくくなるので、動かすことを前提に採寸を行いましょう。扉がある場所で使うことを考えている場合は、開け閉めに支障がないサイズか確認することも大切です。

置く場所について考える

棚の上など高い場所に収納用品を置くことを考えている場合、少し注意が必要です。手が届かないような高い場所に物を置くと、取り出す際いちいち脚立を用意しなければなりません。

頻繁に出し入れするものをしまうのはやめて、滅多に出さないものの収納場所に使うと良いでしょう。

また、高い場所に所狭しと収納用品を置くと、部屋全体に圧迫感が出ます。部屋も狭く見えてしまうので、よく考えて配置を決めましょう。

収納用具でコンセントを隠さないようにすることも忘れてはいけません。電源にホコリが溜まって火災の原因になることがあります。

収納用品の選び方

収納用品の選び方

収納用品の具体的な選び方について考えてみましょう。

サイズ

サイズは特に重要なポイントです。収納スペースの縦横高さだけではなく、凸凹や金具の位置なども考慮した上でサイズを測る必要があります。

家にある厚紙などを使って仮収納を作り、シミュレーションしてみると失敗が減るのでおすすめです。

見落としがちですが、色はとても大切なポイントです。収納用品の色を統一すると、全体がすっきりして見えるようになります。

白は基本どの収納用品にも用意されている色なので、見た目をすっきりさせたいときはおすすめのカラーです。使い勝手から選ぶこともできます。

クリアカラーの収納用品は中身が見えるので使い勝手が抜群。見た目はこだわらないからとにかく片付けやすいものが欲しい、という人におすすめです。

敢えて色を統一せず、色で何をしまっているか分けるという使い方をする人も多いです。子供が何人がいる家庭なら、子供一人一人に色を決めてしまうとものを管理しやすくなるでしょう。

素材

素材は部屋全体のインテリアにも影響を及ぼすポイントです。自分が部屋をどんなテイストにしたいのか考え、素材を選びましょう。

ナチュラル系が好きなら天然素材もものが合いますし、シンプル、モダンなテイストにしたいならプラスチック素材が合います。

ただし、ある程度収納用品を置く環境を考えることも大切です。例えば湿気の多いシンク下は、布製や天然素材のものを置くとカビが発生する可能性があります。

金属製も、サビが出やすいので適していません。そうした場所はやはり管理しやすいプラスチック製やガラス製の方が適しているのです。見栄えは大切なのですが、やはり管理のし易さも忘れはいけません。

デザイン

見せる収納の場合は、収納用品そのもののデザインも大切な要素になります。折角部屋のテイストが統一されているのに、収納用品だけミスマッチを起こしているとそこだけ浮いてしまいます。

買い足しやすさ

先のことをも考えなければなりません。生活していればものが増えるのは当然のこと。もっと収納用品を増やしたいと考えたとき、買い足しやすいかどうかは重要になります。

大手メーカーの定番商品は手に入りやすく、デザインが大きく変わることもないのでおすすめです。

100円ショップのものは手軽に買えて便利ではあるものの、商品の入れ替わりが多いので欲しいと思ったタイミングで手に入らないことがあることを覚えておきましょう。

収納グッズを賢く使おう

収納用品を賢く選ぶためには、いろいろなポイントを押さえなければなりません。

単に「そのときだけ綺麗にしまえた」というだけでは不十分なので、使いやすいかどうか、部屋にマッチしているかどうかなども考慮した上で選ぶようにしましょう。

上手く活用することができれば、部屋が綺麗に片付くだけではなく、日々の暮らしを快適にしてくれます。

まずはお気軽に
お問い合わせください

お見積りだけでももちろん大丈夫。
お客様のライフスタイルに合わせたプランをご提案いたします。

お問い合わせ/お見積りはこちら
TOP