コラム

column

  • ホーム
  • コラム
  • 和室を洋室にリフォーム!費用の相場や費用を抑えるコツを徹底解説!

和室を洋室にリフォーム!費用の相場や費用を抑えるコツを徹底解説!

和室を洋室にリフォーム!費用の相場や費用を抑えるコツを徹底解説!

生活スタイルなどの変化によって和室を洋室へとリフォームするケースが増えています。

和室の畳や障子、ふすまなどが傷んだり古くなったりしたために、このタイミングでリフォームを希望する人も多いです。洋室の魅力は床をフローリングに変えることで掃除がしやすくなったり、ベッドやソファーなどの大型家具が置きやすくなったりします。

本記事では需要が高い和室から洋室リフォームについて、費用や内訳などを詳しく解説します。

和室から洋室にするリフォーム相場は50万円~

和室から洋室にするリフォーム相場は50万円~

和室から洋室にするリフォーム相場は、リフォームの規模や部屋の広さによっても異なります。どこからどこまでを洋室に変更するかもリフォーム費用に大きくかかわってくるのが特徴です。

和室を丸ごと洋室にリフォームする場合には、6畳~8畳の広さで50万円~100万円程度かかります。これはあくまでも相場の目安であり、希望する洋室のスタイルによってもコストが変動しますので注意してください。和室を丸ごと洋室にリフォームする場合には、床・壁・天井・収納などすべてにリフォーム工事が必要です。

和室の出入り口のふすまを洋室に合わせて引き戸やドアにリフォームすることもできます。 床だけをフローリングにするなどの、部分的な洋室へのリフォームも可能です。

床をフローリングにすることで畳の劣化によるメンテナンスの手間やコストを省くことができます。フローリングは飲み物などを床にこぼしても汚れをサッと拭き取れるため、小さなお子様のいるご家庭やペットのいる家庭に人気です。

リフォームを行う場合には、住んでいる家族の年齢や過ごし方などを考慮して床材や壁紙を選びましょう。

和室から洋室にするリフォーム費用の内訳

和室から洋室にするリフォーム費用の内訳

和室から洋室にするリフォーム費用の内訳としては、床・壁・天井・収納の4つが大きなポイントになります。それぞれ、どのような素材を使用して、どのような工事をするかによって費用が異なるが特徴です。

素材によって部屋の雰囲気ががらりと変わりますので、希望のイメージに合っているか事前にしっかりと確認しましょう。

畳をフローリングにリフォーム|10万円~30万円

部屋の床を畳からフローリングに変更する場合、6畳〜8畳の広さで10万円~30万円かかります。

工事内容は単純に畳を取り除き、フローリング張り替えるだけではありません。畳とフローリング材の厚さが違うため、下地材の設置作業が必要です。下地木工事によって他の部屋との床面の段差を調整します。

下地木工事費用とフローリング材代の合計が主な床のリフォーム費用です。

壁を壁紙クロスにリフォーム|10万円~20万円

壁のリフォームは10万円~20万円かかります。

壁紙クロスは種類が豊富で、材質も紙やビニール、珪藻土など様々です。色や質感なども多数あり、価格も1平方メートルあたり1100円〜1500円と幅があります。

抗菌機能や防汚加工を施している壁紙もあり、部屋の使い方によってチョイスするのがおすすめです。

天井を壁紙クロスにリフォーム|10万円~15万円

天井のリフォームの場合、一般的に壁のクロスと同じものを選択することが多いですが、天井だけ壁とは違うクロスを貼ることもできます。

特に寝室の場合には、天井のクロスは壁のクロスよりも暗い色にすると落ち着いた雰囲気になるためおすすめです。

押し入れをクローゼットにリフォーム|10万円~50万円

押し入れは奥行きが深く、使いにくい場合があります。そのため使い勝手の良いクローゼットにリフォームする人が多いです。

クローゼットにもいくつかの種類があり、棚を作ったりウォークインクローゼットにしたりできます。押し入れのふすまを取り除き、洋服を掛けるためのハンガーパイプを設置する工事が一般的です。

ウォークインクローゼットへのリフォームは約50万円ほどかかります。

和室から洋室へのリフォーム費用を抑えるコツ

和室から洋室へのリフォーム費用を抑えるコツ

リフォーム費用を抑えるコツは、リフォームする範囲と使用する素材を厳選することです。その他には費用の安い業者を探したり、補助金を活用したりする方法もあります。

リフォーム範囲と使用する素材を厳選

部屋全体を洋室へリフォームするとコストがかかるので、リフォームする場所を最小限にする選択肢もあります。

例えば床だけ、または床と壁だけをリフォームすると費用をぐっと抑えることができます。床材や壁紙をビニール製の床材や壁紙にするのもおすすめです。予算内におさまる素材を探してみましょう。

リフォーム業者選び

業者によって工事費が異なりますので、依頼する業者を選ぶ時には数社から相見積もりを取り費用の比較をしましょう。その際には費用の安さだけではなく、実績や対応力なども考慮するのがポイントです。

メンテナンスなどのサービスが充実しているなど業者によって強みが違いますので、費用も含めて総合的に判断しましょう。

補助金の活用

条件によってはリフォームに補助金が活用できることがあります。

補助金の対象となる条件は、介護認定された人の住居をバリアフリー工事する場合です。条件に合う場合には手すりの取り付けや床材の変更に補助金が認められます。

自治体によって補助金の条件や申請方法が異なりますので事前に確認しておきましょう。

【まとめ】洋室へのリフォームを検討しよう!

和室には和室の良さがありますが、洋室へのリフォームを希望する人も多いです。

畳は定期的な手入れが必要になるので、床をフローリングに変更するとメンテナンス費用を削減できます。和室から洋室へのリフォーム費用の相場は約50万円。使用する素材を安くしたり、工事費の安い業者に依頼したりすることでリフォームのコストをおさえることができます。

洋室へのリフォームにメリットを感じた人はぜひリフォームをご検討ください。

まずはお気軽に
お問い合わせください

お見積りだけでももちろん大丈夫。
お客様のライフスタイルに合わせたプランをご提案いたします。

お問い合わせ/お見積りはこちら
TOP