コラム

column

  • ホーム
  • コラム
  • 【物が多い人必見】収納を増設する方法や注意点について解説

【物が多い人必見】収納を増設する方法や注意点について解説

【物が多い人必見】収納を増設する方法や注意点について解説

生活をしていると物が増えてしまって収納に困ることがよくあります。収納を増設すればもっと多くの物を保管できるだけでなく、使いやすい住まいにすることが可能です。

この記事では収納を増設する方法や、増設を検討する際の注意点について解説します。収納を増設する方法によってメリットもデメリットも異なるので一通り確認しておきましょう。

収納を増設する前に考えること

収納を増設する前に考えること

収納の増設をしようと思い立ったときには、具体的な計画を立てることが大切です。収納が不足していて不満があるから増設したいというケースが多いでしょう。

しかし、住まいの状況や予算、不満を感じているポイントなどによってどんな方法でどのような収納を増設したら良いのかは異なります。

賃貸か持ち家か、新たに収納したい物の大きさや数はどのくらいか、今後さらに収納したい物が増える可能性があるのかといった観点で考えるのが大切です。

例えば、戸建住宅の持ち家なら自由にリフォームして収納を作ることができるため、寝室にウォークインクローゼットを設けることもできるでしょう。

しかし、賃貸住宅の場合には部屋の所有者ではないのでリフォームは原則としてできません。壁や天井などを傷つけると原状回復をするのが困難になるため、天井や壁に穴を開けて棚を取り付けることもできないのが原則です。

また、季節ものの家電を収納するスペースが欲しいときに棚を作っても入らないでしょう。本の収納したいときにはいつでも簡単に読めるようにしたいなら本棚が必要になりますが、保管しておくだけで良いなら倉庫でも構いません。

キッチンやトイレなどの消耗品の保管スペースを増やしたいなら、大きな収納を作るよりも小さな収納をそれぞれの場所に用意した方が使い勝手が良いでしょう。

このように住まいの状況によって増設する方法が限定される場合があり、増設の目的や収納の用途によってどんな収納をどこに設けたら良いかが異なります。全体を見通す計画を立ててから具体的な増設方法を検討しましょう。

収納を増設する方法

収納を増設する前に考えること

収納を増設する方法は大きく分けると3つあります。それぞれの方法についてメリットとデメリットを解説するので参考にしてください。

収納を増設する家具を買う(棚やラックなど)

収納家具を購入するのは増設方法としては簡単な方法です。タンスや棚、ラックやクローゼットなどを購入して設置するだけでできます。

メリット

家具は購入して設置するだけで済むので簡便なのがメリットです。用途や収納したい物に応じて多様な家具から選ぶことができます。賃貸の場合にも選べる収納の増設方法なのもメリットでしょう。

デメリット

家具による増設は部屋が狭くなるのがデメリットです。床置きの家具が多いので収納スペースを増やせるわけではありません。整理整頓をすることはできますが、大きな家具家電を収納したいときには向いていません。

DIYで収納を作る

DIYで収納を作るのは近年人気がある方法です。棚を取り付けたり、タンスや本棚を制作して設置したりするのが典型的です。

メリット

DIYは自由度が高いのがメリットです。自分で収納を作るので、作業をしながらより良い収納を考えていくこともできます。また、後述のリフォーム業者に依頼する方法よりも費用も安くて済みます。自分で作業をするので材料費だけで収納を増設できるからです。

デメリット

DIYのデメリットは労力がかかることと、施工できる内容に限界があることです。プロではないので間取りを変更して倉庫を作るような施工をするのは難しいでしょう。吊り棚を一つ作るだけでも数時間かかることが多く、大変な作業になるのが問題点です。

リフォーム業者に依頼する

メリット

リフォーム業者に依頼すると収納を増設したいという悩みに応じて詳しく相談に乗ってくれるのがメリットです。不満点をヒアリングし、より住み心地の良い住まいにする方法を提案してくれます。

作り付けの収納を設ける、吊り棚を作る、屋外に倉庫を建てる、住宅を増築するなどのさまざまな方法があります。希望に合わせて対応してくれるので納得できる仕上がりになりやすいのが特徴です。プロとしての技術も持っているので仕上がりの良さにも期待できます。

デメリット

リフォーム業者に収納の増設を依頼すると費用が高いのがデメリットです。人件費がかかるだけでなく、大がかりなリフォームをすることになる場合もあるからです。ただ、予算に合わせて具体案を作成してくれる業者も多いので満足できる場合が多いでしょう。

収納の増設にはリフォーム業者の利用を検討しよう

収納の増設にはリフォーム業者の利用を検討しよう

収納を増設するときには目的を明確にし、具体的に計画を立ててから実行に移すのが大切です。

家具を購入する方法やDIYで収納を作る方法もありますが、リフォーム業者に相談すると悩んでいる点を聞いてより良い収納の増設の仕方を提案してくれます。

個々の悩みに合わせた収納の増設方法の選択肢も広いので、リフォーム業者の利用を検討してみましょう。

収納に関するお悩みを「住まいの収納設計社」が解決します!

収納に関するお悩みを「住まいの収納設計社」が解決します!

物を収納する場所が足りない、DIYで収納場所をつくりたいけどなかなかむずかしい等、収納に関するお悩みはありませんか?

住まいの収納設計社ならお客様のお悩みやご予算などを考慮しプランをご提案し、今のお住まいを生かしつつ快適な生活が長く続くよう丁寧に施工いたします。

まずはお気軽に
お問い合わせください

お見積りだけでももちろん大丈夫。
お客様のライフスタイルに合わせたプランをご提案いたします。

お問い合わせ/お見積りはこちら
TOP